家事を効率アップさせても雑にならないやり方

>

とある本での開運の見分け方

短期集中で完了する作業

料理する時には蒸したり煮えるまでの時間等の待ち時間が必ず発生するので、その間に調理の様子を見ながら他の作業をしていると、同時に完了します。
作業をセット化して考えて、いつもしておくと体が勝手に次の作業を始めていくことに慣れるので、かなり早く作業完了できて、丁寧にも仕上がります。
いつもしていることは、いつの間にか身について習熟してしまうからです。
あまり料理の得意でなさそうだった人が、結婚してから家族のために毎日料理をしていると数年後には人を招いても臆することなくいつも通りに料理をして接待することもできるようになっていました。
作業の慣れとタイミングを習得して、人の満足の仕方を理解し、接待に応用していく能力ができるからです。

ライフワークとしての時間配分

家事の仕上がりは、やり方次第かもしれません。
料理も味が良くて美味しかったとしても、器の料理の盛り付け方次第で、見た目が綺麗じゃない等の美的感覚での評価がされます。
上等の器かどうかより、料理に相応しいイメージの器を使うだけで印象アップします。
料理人がするようにレシピのイメージ図通りにしたり、盛り付ける時にかさ高く盛ったり、はねた汁をふき取って器のふちを綺麗にするなどちょっとした気遣いも重要です。
料理に使う調理器具のレードルやターナーなども、自分に合った長さや大きさや重さの使い易い調理ツールを選べば、作業が完璧に近づきます。
自分の手にしっくりくるものであれば、こぼしてしまったり焦がしたりの失敗も減り、余計な作業が増えることもありません。
ミスをしない作業工程を考えて、調理ツールを用意して慎重に料理することが時間配分の積み上げにも役立ちます。